2009 シューティングサーキット セカンド ステージ
大会レポート

日時

2009年7月25日(土) 10:00〜

場所

ウエスタンライデングクラブロッキー

参戦者

オープンクラス 14名
マスタークラス  8名

主催

JCSN実行員会


大会当日の天候は、雨のち曇り、時々晴れと、めまぐるしく変わる天候で、特に開始時刻の直前に降り始めた激しい雨は、競技場を川のようにしてしまいました。

この雨、やむのかなぁ、天気予報では曇りだったはずなのに。。。

激しい雨で開始時刻が30分ほど遅れたものの、皆さんの心がけが良いおかげか、なんとか雨も上がり無事大会にこぎつけることができました。

大会オープニングセレモニーの模様


■オープンクラス

Jess KOBAYASHI 初参戦で優勝!!

オープンクラスは、ウエスタン系のトイガン使わせては日本一との呼び声高い凄腕ガンマン「Jess KOBAYASHI氏」が、その実力をいかんなく発揮し初参戦で優勝。
準優勝には、堅実なシューティングで「T-Bird ARAI氏」がくいこみ、そして3位入賞は、初参戦ながら大健闘「Geoge HUMMER氏」が見事入賞されました。


Jess KOBAYASHI(優勝)

T-Bird ARAI(準優勝)

Geoge HUMMER(3位)

筆者がひそかに優勝候補と予想していた「Teff YOSHIDA氏」は、前半戦のコースアウトがひびいいて、入賞を逃す結果となりました。


Teff YOSHIDA

Shotgun LILLY

 


Ropee TANAKA

Marglid Fujita

毎回様々なパフォーマンスを披露する「Gaucho KIDOKORO氏」は、今回騎兵隊のコスュチュームで登場。大会を盛り上げるというより、本人が一番楽しんでいるような感じです。



Kenny YOKOTATA

Salad KAYOKO

影の実力者「Linda HIROMI嬢」は、前半戦最下位ながら後半戦はトップタイムをマーク。未だその実力をはかりかねるものがあります。


Mark TAKAOKA

Linda HIROMI


Anny TANIGUCHI

Catharin


■ハーフタイムショー!!

「Monglian MIYAGAWA氏」がモンゴル流の流鏑馬(やぶさめ)を披露。
トイガンとはケタ違いの弓の破壊力と、的確に的を射抜く技術に会場は、拍手喝采。普段はおとなしい氏がその日はとてもカッコ良く見えました。
「Monglian MIYAGAWA氏」のホームページである
モンゴリアンフォームに、モンゴル流弓射技術が詳しく紹介されています。


■マスタークラス

山賀夫妻 1位、2位を独占!!

マスタークラスは「Jalapenos TOMO氏(山賀(夫))」が優勝、「Pilipina SHINOBU嬢(山賀(妻))」が準優勝と、山賀夫妻が1位、2位を独占。そして3位にはファーストステージの覇者「Lazy Chic CHISATO嬢」がくいこみました。
ここのところマスタークラスはスピードを追及するあまりミスも多く、手堅くまとめる方が上位になり易い傾向でした。今回の「Jalapenos TOMO氏」は、練習でも見せたことのないほどの攻めの走りで、かつノーミスですから見事な勝利であったと思います。


Jalapenos TOMO(優勝)

Pilipina SHINOBU(準優勝)

Lazy Chic CHISATO(3位)


V-Twin TAKASHI

Tomboy TOMOMI

牛銃 HINA


Monglian MIYAGAWA

Silent Eagle KONISHI


激戦終えて

梅雨が長引き開催が危ぶまれたセカンドステージでしたが、その間隙を縫って無事開催することができました。参戦者の皆さん、JCSN運営委員の皆さん、大変お疲れ様でした!!
今回はオープンクラス、マスタークラスとも初優勝者と、各自の実力が均衡してきています。次回の最終戦(10月予定)は、今まで以上に白熱した展開となること間違いないでしょう。


オープンクラス入賞者

マスタークラス入賞者

 


セカンドステージ参戦者の皆さん

 

 [ Back ]